椿文newインスタ8月の過去記事

定年後,身近な植物に興味を持ち始めました。

解決済

(1)栽培か野生:野生
(2)撮影場所の県名:岡山
(3)撮影時期:2022年5月20日

庭に生えた野草です。匍匐したり直立したりして成長し,放置すると草丈が数十センチにはなると思います。葉は互生で,鋸歯はわずかにある程度,茎の断面は四角で毛が生えています。成熟すると茎は紫褐色に着色します。顕著な特徴として各葉腋に花がつくのですが,先端に3枚の萼片(?)がついた長筒形の子房が裸出するのみで,花弁や雄しべ,雌しべは観察されず,閉鎖花のようです(次の2枚の写真で示します)。成熟した子房の中には多数の種子が入っています。この植物の名前を教えていただけるでしょうか。

もっと見る

解決済

(1)栽培か野生か:野生     
(2)撮影場所の県名:岡山県
(3)撮影時期:2022年4月23日
庭に生えていた草丈10~15cm程度の雑草です。葉,茎とも柔らかく,葉は対生,葉腋から分枝します。花と果実は次の2枚写真で示します。
よろしくお願いします。

もっと見る

解決済

(1)栽培か野生か:野生
(2)撮影場所の県名:岡山
(3)撮影時期:2021年9月5日
季節外れのオニタビラコでしょうか。

もっと見る

解決済

(1)栽培か野生か:野生
(2)撮影場所の県名:岡山県
(3)撮影時期:2021年5月23日
山の林縁で見かけました。茎,枝,葉柄にバラのような棘があります。葉は互生,単葉で,質感はややクワに似ていますが,多型性は示しません。茎から細い枝を出して広がりますが,蔓状ではありません。果実はキイチゴもしくはクワの実に似ており,未熟な黄色~成熟した赤色のものが見られました。名前をお教えいただけるでしょうか。

もっと見る

解決済

(1)栽培か野生か:野生
(2)撮影場所の県名:岡山県
(3)撮影時期:2021.5.12
団地近くの神社の林縁に生えていました。タツナミソウの仲間かと思います。花が純白,葉が肉厚,葉や茎に毛が密生してます。名前をご教示いただけるでしょうか(写真は4枚連投します)。

もっと見る

解決済

(1)栽培か野生か:栽培
(2)撮影場所の県名:岡山県
(3)撮影時期:令和3年3月20日
樹木の全体像(1枚)→花の拡大像(3枚)→樹皮(1)枚の順で写真を送ります。

もっと見る

解決済

(1)栽培か野生か:栽培
(2)撮影場所の県名:岡山県
(3)撮影時期:2020年11月21日

民家の生け垣として栽培されていました。釣り鐘状の白い花と
赤い大きな果実が特徴です。

もっと見る

解決済

(1)栽培か野生か:栽培
(2)撮影場所の県名:岡山県
(3)撮影時期:2020年10月16日
鉢植えの植物で,葉は大きく多肉質です。
ご教示をお願いいたします。

もっと見る

解決済

(1)栽培か野生か:野生
(2)撮影場所の県名:岡山県
(3)撮影時期:2020年10月14日
草丈が2m以上あり,茎だけみると一見タケに似ていますが,タケのように堅くはありません。時季外れで大半の葉は枯れていますが,残っている葉と果実(もしくは新芽?)の写真を別添しますので,名前をお教えいただけるでしょうか。宜しくお願い致します。

もっと見る

解決済

(1)栽培か野生か:野生
(2)撮影場所の県名:岡山県
(3)撮影時期:2020年10月4日
ホゾバニンジンボクでしょうか?

もっと見る