モッコウバラnew5月の過去記事いいねしよう

暇な退職者

解決済

(1)栽培か野生か:野生
(2)撮影場所の県名:大分県中津市
(3)撮影時期:9月8日
深耶馬渓の軽トラ道に生えていました。葉はススキみたいですが、立派な大きな穂を持っています。名前をお願いします。

もっと見る

解決済

(1)栽培か野生か:野生
(2)撮影場所の県名:大分県中津市
(3)撮影時期:9月8日
深耶馬渓の軽トラ道に生えていました。葉はススキみたいですが、穂が違います。名前をお願いします。

もっと見る

解決済

(1)栽培か野生か:栽培
(2)撮影場所の県名:大分県別府市
(3)撮影時期:9月9日
鶴見岳の山頂(1375m)に生えていました。これはヤマアザミなのでしょうか。ある人は、がくが反り返っていたらヤマアザミと書いていましたが、バリエーションが色々で自信がありません。

もっと見る

解決済

(1)栽培か野生か:栽培
(2)撮影場所の県名:大分県別府市
(3)撮影時期:9月9日
鶴見岳の山頂(1375m)に生えていました。ツクシアザミなのでしょうか。自信がありません。

もっと見る

解決済

(1)栽培か野生か:栽培
(2)撮影場所の県名:大分県中津市
(3)撮影時期:9月8日
深耶馬渓の山道に生えていました。花は、タムラソウに似ていますが、葉が違います。ヤマアザミやツクシアザミとは、がくが違うようです。名前を教えてください。

もっと見る

解決済

(1)栽培か野生か:栽培
(2)撮影場所の県名:大分県中津市
(3)撮影時期:9月8日
深耶馬渓一目八景のお土産屋の前に生えていました。前に尋ねた花と似ていますが、がくも違うし、葉の色も濃いです。名前をお願いします

もっと見る

解決済

(1)栽培か野生か:栽培
(2)撮影場所の県名:大分県中津市
(3)撮影時期:9月8日
深耶馬渓一目八景のお土産屋の前に生えていましたが、キクイモでしょうか

もっと見る

 高校の時、いつも、福岡県に立っている国見山を見ながら通学したが、その山に一回登ってみようと思い、実際に登った帰り、ダンドボロギクに似た ベニバナボロギクとシシウドを見た。近くの八面山に修験滝という小さな滝があるが、お盆の豪雨でたぶん、立派な滝の写真が撮れるだろうと登った時、道に小さなノブキの花が咲いていた。また、刈り取られた小枝に、白梅に似た花が沢山咲いていた。どうして、枯れた小枝に花が咲くんだろうとよく見たら、シロホウライタケというキノコだった。写真は、キノコの下から撮ったもので、筋が花びらみたいに見える。久しぶりに海をみたいと思い、山国川河口に行ってみると、砂浜に青いシソ科のハマゴウが咲いていた。うちに、休耕畑が三枚もあり、セイタカアワダチソウが高く伸び、それに葛が絡みついて酷い有様になっているが、隣の畑から苦情が来る前、セイタカアワダチソウの花が咲く前にと、熱中症に陥りながらも、なんとか、ジャングルを切り開いたが、私を慰めてくれたのが、ゲンノショウコで、隣の畑にササゲの花が咲いていた。前の日曜日に西秣神社の清掃奉仕があり、草刈り機をぶら下げて二キロ歩いて参加した。途中、センニンソウ、ショウジョウソウ、ヤブツルアズキ、ノアズキ、ヤブハギ、オニヤブマオ、ガウラが咲いていた。神社近くのヤブハギは、私が小学生の時から、同じ所に同じように咲いていた。実が似ているので、最近までヌスビトハギとばっかり思っていた。 ヤブツルアズキとノアズキは非常によく似ているが、ササゲ属、ノアズキ属と属が違う。葉の形も違うが、竜骨弁を翼弁が覆っているかいないかの差みたい。

もっと見る

解決済

(1)栽培か野生か:たぶん野生
(2)撮影場所の県名:大分県中津市
(3)撮影時期:9月5日
石垣につるのように絡まって小さい花が咲いていました。初めて見る花で、種類も見当がつきません。何という花でしょうか。

もっと見る

 九州自然歩道を歩いている。福岡県と大分県の間の犬ヶ岳から青の洞門、それから、万年山、牧ノ戸峠まで歩いた。今回は、長者原から牧ノ戸峠へ行き、ついでに黒岩山、泉水山を経由して、長者原に戻るコースを取った。1ヶ月前は、あれほど喧しかったエゾゼミも聞こえなくなり、ススキが紫色の穂を出していた。ただ、笹の葉に溜まった露がズボン、靴をぐしょぐしょに濡らした。山道にママコナ、サイヨウシャジンが咲いていた。泉水山から、4月10日に野焼きを目撃した草原の縁を降りてきて、途中、ビッチュウヤマハギ、キオンの花が咲いていた。午後、タデ原湿原を覗いてみる事にした。前回、7月20日に来た時は、ハンカイソウ、ノハナショウブ、ヒメユリ、ユウスゲが咲いていた。今回は、いきなりヒゴタイとマツムシソウが目に飛び込んで来た。草原は基本的にカヤ、ヨシ主体だが、その中に、シムラニンジン、ムカゴニンジン、サワギキョウ、キセルアザミ、ミヤコアザミ、タムラソウ、サワヒヨドリ、コウライトモエソウ、アケボノソウといろんな花を目にする事ができた。さすがにラムサール条約に登録された湿地だ。ヒゴタイの神秘的な青さに心を惹かれた。ただ、2株ほど、誰かが切り取っていた。許せない。このヒゴタイとコウライトモエソウは環境省絶滅危惧II類とIB類だ。シムラニンジンとサワギキョウは大分県の絶滅危惧Ⅱ類と準絶滅危惧種だ。キセルアザミの絵の中に私の靴が入ってしまった。木道より低いところに咲いていて、邪魔な草を少し足で寄せて撮ってるうちにこうなった。コウライトモエソウも草地にはいれないので、4m程離れた所から望遠を使って撮影した。名前を教えてくれたrosapersicaさんとSandoさんにこの場を借りて感謝します。

もっと見る