• 現在編集記事が正しく表示されていません。復旧に向け調査中です。
  • フォト投稿

    アリドオシ(オオアリドオシ)/アカネ科
    【撮影日】2019年5月2日
    【どこで】 福岡県久留米市郊外の明星山周辺
    【どんな環境】標高100~300mの沢沿いや薄暗い樹林内
    【特徴】山地の常緑樹林内に生える常緑低木。高さは20~60cm、オオアリドオシは50~100cm。長さ1~2cmの鋭く硬いトゲがある。このトゲが蟻をも突き刺すというのが名前の由来とか。
    【その他】冬には実が赤く熟す。オオアリドオシはアリドオシによりも葉は大きいがトゲは短い。添付の写真はオオアリドオシと考えている。

    1コメント

    コメントする

    オオアリドオシ/アカネ科
    【撮影日】2019年3月4日

    前年に実った果実がまだ残っている。葉は小ぶりで数も少なく、辛うじて越冬したという様子。