• オリーブの葉でいれるお茶new
  • 12月の過去記事
  • Facebookページにいいね!しよう
  • フォト投稿

    わたしを撮って撮ってと迫られてるようでパチリと。
    こちらは一重のシュウメイギクで八重の品種もあると捉えていたのですが、さにあらず。八重の紫のものが本来のシュウメイギクで、一重のものは交配種なのだそうです。しかも花びらに見えるものが実は萼片だなんて…。う〜ん(*_*)でも可愛い!

    4コメント

    コメントする

    シュウメイギクってひっそり咲いてるイメージですが、にぎやかに、楽しそうに咲いてますねぇ~ 、

    シュウメイギク(秋明菊) 別名:キブネギク(貴船菊) を・・・


    Murataさん、Oohasiさんありがとうございます!
    本来のシュウメイギクは確かにキクっぽいですね。一重のものは別名ボタンキブネギク、ですね^_^

    シュウメイギクは綿毛になるんですね〜。
    ポツポツ見えるのが種子のようです(o^^o)