• レモングラスのドライハーブを作ろうnew
  • 12月の過去記事
  • Facebookページにいいね!しよう
  • フォト投稿

    タコノアシ
    名前の由来は教えていただけませんでした。
    秋になれば解るらしい。

    21コメント

    コメントする

    そうですねー
    秋になると「なるほど…」と思いますよ(^ ^)

    ググることせず秋まで待とうと思います。

    そういうのいいですね。ワクワクしますね(^^)

    秋の投稿を楽しみにしています♪ 想像しながら(^^)

    花が咲いていました。
    いよいよですかねぇ。


    もう少しすると…^^

    ドキドキ

    ワクワク

    実が付いていました。


    ん?タコを下から見た感じ?

    ん?タコ?(^^;

    脚はまだですかね。

    茶色になってました。


    うーん。
    もっとタコっぽくなるんですが、この子タコ感が少ないですね(^_^;)

    別の個体ではこんなのも。
    こちらの方がタコの足っぽいのですが………
    もし、最初にアップした写真が違ってたらどうしょう………(T-T)


    ピンとしているのは何かの原因で枯れて変色しているのかも知れませんね。
    ほとんどが緑色ですし花を咲かせている個体もありました。

    白いツブツブか赤くなってきました。


    これは何なんでしょうか。


    上の写真を撮ってから幾度となく様子を見続けて2ヶ月弱。
    ようやく色が変わってきました。
    これが最終型と言うことで宜しいでしょうかねぇ。


    いちばんタコの足っぽいですね(^^)

    5番目の写真からは自生のものでなく、標本として園内の自然学習センターのエントランスのプランターに移植されたものです。

    自生のタコノアシはみんな真っ直ぐな状態で茶色くなっていました。

    環境的な何か関係しているのでしょうかねぇ。