葛の花でお茶newインスタ12月の過去記事

フォト投稿 - 見かけた植物の写真をシェア

植物について質問・フォト投稿する

ご質問の場合は上のボタンで「フォトQ&A」を選び、植物Q&Aのエチケットをご確認の上、下記の1〜3について入力して下さい。 質問ではない投稿の場合は「フォト投稿」を選んでください。

秋田の知り合いの家にやっかいになった時、せめてものお礼に庭の草むしりをした。一番やっかいなのが、チカラシバで、茎一本づつ引かないと抜けない。次がヒメシバで、四方八方どころか、十六方に茎を伸ばし、その茎からまた根を伸ばして、非常にてこずる。これと比べて、コブナグサ、ニワホコリは、茎も繊細で抜きやすい。こんな雑草の上にヤブマメが覆い、所々、イヌダデ、イワアカバナ、コナスビ、ゲンノショウコが咲いている。庭の隅に赤い花が咲いていたので、アカバナエゾノコギリソウかと思ったが、葉が込み入っていたので、セイヨウノコギリソウらしかった。散歩の途中、木に大きな黄色の花が咲いていたので、調べたらヘチマだった。秋田からの帰り、京都三千院に行った時、日本庭園にベコニアが咲いているのを見たが、シュウカイドウという品種らしかった。イシミカワは、東尋坊で見た。

もっと見る

9月に宮城の山を歩いた。エゾシオガマとザオウアザミが目立った。湿原にはイワショウブの赤い実がなっていた。1週間ほど後、青森の山の渓谷も歩いた。ここは、ノハラアザミ、ヤブタバコ、ジャコウソウが咲いていた。ミヤマイラクサに触れた時、物凄い痛みに襲われ10分以上も続いた。神社の参道の脇にウワバミソウがびっしりと生えていた。実は、コブシ、ホオノキ、シラタノキ、タニソバは秋田の山で見た。

もっと見る

9月に秋田県の山に登った。ヨツバヒヨドリが目立った。ハクサンオミナエシの種が面白かった。トゲの鋭いオニアザミが所々咲き、1本だけするっと伸びたアオモリアザミを見た。秋らしく、ナナカマド、ガマズミ、アカモノ、ゴゼンタチバナ、タケシマランが赤い実を付けていた。1200mを過ぎるとチングルマの穂が一面に揺れていた。その中に、ハクサンシャジン、エゾオヤマリンドウ、オクトリカブト、シロバナトウウチソウも咲いていた。ミヤマセンキュウ、イブキゼリモドキの名前には、何日も迷った。帰り、火山礫の黒石の中に、育ちの悪いイタドリが生えていると思ったが、帰って調べるとオヤマソバという花だった。

もっと見る

9月4日、長野県の高原湿地に登った。もう、山の上は秋の気配が少し漂い、シラヤマギク、ゴマナ、ユウガギクが咲いていた。それに、ヤツタカネアザミや ハバヤマボクチという変わったアザミも咲いていた。木道が整備され、 シュロソウ、ツクバトリカブト、サラシナショウマも咲いていた。ここは、花の名前の札が掲げられ、分かりやすい。
タチフウロやアサマフウロのフウロの仲間、マルバハギやフタバハギなどの萩も咲いていた。山頂に向かう道際にハナイカリ、ミヤマコゴメグサがひっそりと咲いていた。特に、ハナイカリは、変わった花だ。

もっと見る